FC2ブログ

プロフィール

クーネルシネマ

Author:クーネルシネマ
よろしく☆


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fluffy~♪

月曜日の英語でしゃべらナイトにシドニーBillsCafeのオーナー、
ビル・グレンジャーがゲスト出演。

レオナルド・デカプリオやキャメロン・ディアスといったセレブを魅了したという朝ごはん、ふわふわスクランブルエッグとふわふわリコッタパンケーキホットケーキの作り方を惜しげもなく披露していました。

日本語の擬態語は英語にはないから難しいとよく言われますが、
ビル・グレンジャーが連呼していたfluffyという単語は発音だけでじゅうぶんふわふわ感が伝わってきます。

Bill'sスクランブルエッグの秘密は卵2個に入れる生クリーム70cc。
う~ん、これはfluffyであるけれどfattyでもあるかも!レオ様が太ったのも頷けるエリザベス
ふんわりのコツはフライパンの上でかきまぜずに折りたたむようにすることみたい。

パンケーキは生地をあまりかきまぜないこと。粉が残るくらいで良いそう。
フライパンに載せる時も丸くならして平にせず、スプーンにとってこんもりしたまま焼き始めていました。
パンケーキに添えるハニコームバターはほかの店がこぞって真似するようになったほどの人気だそうですが、これはバターにキャラメルを砕いたものを混ぜ冷やし固めたものなんだって。

来春、七里ガ浜にお店がオープンしたら今度はスクランブルエッグの朝ごはんを食べに行こうかな。
そんでもって、お昼は珊瑚礁のカレー絵文字名を入力してくださいにしよ~っとスマイルちゃん
スポンサーサイト

作ってもみたい☆

昨日いただいたBillsCafeリコッタパンケーキのレシピは、右にリンクを貼っているついすと☆どーなつさんのブログに載ってましたホットケーキ

レシピはコチラ

作ってみた~いたまご牛乳スマイルちゃん
ゆ~っくりゆ~ったりデザートまでたっぷりの丸ビルランチの後はお腹がいっぱい。
とても場所を変えてまたお茶という気分にはなれません。

なのでお隣の新丸ビルに移動。
各フロアーにくつろげるソファーがあるのでそこに座っておしゃべりでもしてればまたお腹も空いてきます。

この休憩コーナー、かなりの人気で空ソファーを見つけるのも至難の技なんですが。まるで椅子取りゲーム?

昨日は友人と3人で長椅子に腰かけひとしきりおしゃべりしていました。
女3人かしましいのか、いつの間にか周りに人がいなくなり長椅子独占状態に´д`トホホ

帰りに新丸ビルの地下にあるオシャレなパン屋さんに寄りました。
POINT ET LIGNE ポワンエリーニュ、フランス語で”点と線”という意味だそう。
なるほど!ポイントとラインなんですね。

ずらりと並んだHPのパンを見ると、あらまー、見事に丸いパンと細長いパンの2種類でまさに点と線になっているではありませんか。

私はポイント4個とラインを1個買ってみました。
      pan2.jpg

ショコラブランの丸パン、美味しかった!
あとは皆、子供たちに食べられてしまいました涙
紙袋もかわいいですハート
shinmarupan.jpg

朝ごはんの格差

Chantibicのエアゾールホイップ。
ようやく見つけました。これ便利です。アメリカに住んでいた頃はこのタイプの簡易ホイップが普通にスーパーで売っていたのですが、日本に帰ってきてからなかなか見かけませんでした。
ホイップ型のキャップもかわいいはーと
     cream.jpg

休日の朝はフレンチトースト気分絵文字名を入力してくださいってことで、ホイップとブラックベリーと赤い乾燥ベリーがあったのでおめかししてミントの葉を添えてみました。(私と娘用)
asagohan2.jpg

でも朝、6時に文化祭の準備に出かけた息子の朝ごはんはこれ汗;
夫が「あまりにも違うじゃないか!」と気の毒がっていました。
asagohan3.jpg

朝弱い私は起きられず、息子おひとりさま朝食。
かわいそー涙
そのうち息子にも作ってあげようと思います。
8月3日から11日まで娘とロンドン・パリ7泊9日の旅に行ってまいりました~。もう夢のように楽しい日々。

イギリスには美味しいものがないとはよく言われますが、本当のところどうなのでしょう?
リンボウ先生が「イギリスはおいしい」という本を書いているのは知っているのですが、ずいぶん昔最初の数ページ読んだだけ。

フィッシュ&チップスが有名なので、私もぜひ本場のフィッシュ&チップスをと思っていたのですが、一日観光バスツアーで出会ったピーターさんは「なんでそれ食べたいですか?」(奥さんが日本人なので日本語ができる)と言うし、娘は「あんな油っこそうなもの食べたくない!」と言うしで結局食べそびれてしまいました。

ということで中華料理やインド料理を食べて過ごしたのですが、ランチはイギリスらしいものをということで
まずはスコーン!これ、美味しかったわ~!
lscorn.jpg

キャロット・コリアンダースープという、イギリスではポピュラーなスープ(と、ピーターさんが言ってた)も頼んだのですが、こちらもお味GOOD!

それから次の日のランチはジャケットポテイトウというジャガイモを皮のまま焼いたモノをオーダー。これもどこにでもある料理みたい。
これがまた大きなジャガイモで…一人では食べきれない!私はチーズとビーンズのジャケットポテイトウを頼みました。
lpotate.jpg


ロンドンではあちこちにあるパブが洒落ていてステキだったな~。後はイギリス人のあの英語の発音!かっこいい~と思わず聞き惚れてしまいました。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。